カードローンやキャッシングの審査に伴い在籍確認が行われます。これは申込書に記載した勤務先企業で本当に働いているのかどうかを確認する目的で行っています。通常は勤務先に電話をかけるというやり方でこの在籍確認を行いますが、そうなると職場の人にキャッシングの申込をした事が知られてしまう可能性が出てきます。

しかし職場に電話をするという方法以外にも在籍確認を済ませる方法はあり、そうした方法で行う消費者金融もあります。在籍確認に関する次の一覧表を見てみましょう。


<<<挿入位置>>>

一覧表を見て分かるように在籍確認は確かに職場に電話をして行う所が多い傾向にあります。特に銀行などは大抵そういった方法で行っています。しかし消費者金融の場合は職場に電話をかけずに在籍確認を行う所も多く、様々な方法に対応しています。

電話をかける以外の在籍確認の方法として、給与明細書や源泉徴収票の提出を求めるという方法で行う金融業者があります。過去数ヶ月分の給与明細書があれば、申込書に記載した勤務先に在籍中だという事が証明できます。また源泉徴収票であっても少なくとも昨年末の時点で在籍中だという事が分かります。さらにこれらの他に社員証や健康保険証を提示するという方法に対応している金融業者もあります。こうした在籍確認の方法であれば職場の人にキャッシングやカードローンの申込をした事が知られないで済みます。

ただし電話をせずにこうした方法で在籍確認を行うには理由を尋ねられる場合があります。そういった時に答える理由としては、シフト制や交代制で電話に出られない場合があるといった理由や、職場の規模が大きいため電話に出た人が自分を知らない事も多いといった理由が良いでしょう。

また一定の条件を満たす場合には、在籍確認そのものを行わない金融業者もあります。特定の銀行に口座を持っているという事が条件になる事が多く、そういった所であれば職場の人には一切知られずにキャッシングやカードローンの申込を行う事ができます。

しかし申し込みたい金融業者が電話での在籍確認が必須の場合もあります。そういった場合でも職場の人にキャッシングやカードローンの申込をした事が知られる可能性は低いです。在籍確認の電話は通常であれば個人名でかかってきます。金融業者を名乗りキャッシングの審査に伴う職場への在籍確認だという旨を電話に出た人に伝えるといった事はしないのが一般的です。そのため仕事柄普段から自分宛に電話がかかってくる環境であれば、特に職場の人に怪しまれる事はありません。

こうした事から在籍確認を特に気にする事なく、キャッシングやカードローンの申込をする事ができます。

このページの先頭へ